1日20分歩くだけで最低限の運動量はまかなえる。

トレーナーから言われた言葉です。
今はうつ病で療養中なのでほとんど外に出ることが出来ません。
でも日が落ちて夜になるとちょっとだけ行動することは出来る。

太陽の出ている昼間は絶対無理ですけどね。
すれ違う皆が自分のことを見ているようでもう耐え切れない。
1分でも耐え切れない、そんなレベルです。

こう文字にしてみると自分は相当やんでるんだなぁと思うけど、もうしょうがないよ。
欝の症状が出てもう5年だし。
そのうち丸4年は仕事一切やってない社会不適合者だからね。

でも病院にいって先生によく言われるのが、まず生活習慣から正してみようってこと。
これは外部のカウンセラーにも同じ事を言われた。
自分的にはその意味はわからないし、生活習慣なんて治しても別にお金が入るわけじゃないし能力が向上するわけじゃないって思ってしまう。

でもプロフェッショナルな人間が同じ事を言うんだからたぶん正しいんでしょうね。
自分がやるべきコトは自分自身の勝手な判断ではなく、プロの意見を取り入れそれを実行することだと思う。
やっとそれに気づきました。

それに気づいてからというもの、朝9時に無理やり起床しています。
以前はお昼すぎだったから朝9時に起きるのは相当なストレスでしたが、そろそろ社会復帰しなければいけない。
自分の中にも相当な焦燥感が存在しています。だから行動力にも現れてくる。

それに加えて運動をはじめた。
タイトルにもある1日20分のウォーキングです。
1時間って言われると正直絶対無理ってなるし30分でも長いと感じてしまう。
そこで20分って提示されるとなんとか出来るって感じになる。

たぶんカウンセラーの先生は自分みたいな患者をたくさん相手にしてきたんでしょうね。
自分らみたいな人間の心理をよーくわかってらっしゃる。
相当メンタル弱いし、根気もないですから、自分は。

でも1日20分だけ歩くならなんとか出来る気がする。
ちょっと調べてみたんだけどこの20分ってのは適当な数字じゃなくて、結構的を得た数字みたい。
自分が見たのはお年寄り向けのデータだけど、僕もそのようなもんだから。

生活習慣を変える、自分にとってはめちゃくちゃ大きい目標だけど今は人生はじめて頑張っているような気がする。
たぶんこのチャンスをものに出来なければ社会に浮上できることはないでしょう。

無駄なことを考えずに生活習慣を変える、という目標だけに突き進んでいきます。

 

記事一覧

 

このページの先頭へ